岩手県宮古市へボランティア

盛岡 岩手県まできた。

はじめて訪れる街というのは目に飛び込んでくる全てが新鮮だ。

宮城県に着いたときに寒い寒いと言っていた自分を思い出すと笑えてきた。
仙台で出会ったボランティアの女性が、
「家ではもう暖房もつけてないし、ダウンなんていらないよ?」
と言っていたのを聞いてびっくりしたけれど、
本当だ、仙台は盛岡に比べれば暖かい。
そして、盛岡はこのあとに行く秋田に比べれば暖かい。
だんだん寒さに慣れていく自分がなんだか頼もしかった。
北上するにしたがって人の温かさに触れる機会が多くなったせいもあるだろう。

3月だからと覚悟していたが、移動中に邪魔になるだろうと数日悩んだあげく思い切ってダウンを出発直前でやめたのは正解だった。
ヒートテック上下と薄手のインナー、カーディガンとセーターを着込めば薄手のキルティングジャケットで十分平気だった。

おかしなもので、東京の人の方がダウンを着ている人が多かった。
宮城県や岩手県の人々の方が薄着で身軽に街を歩いていたように思う。

早朝の盛岡は雪が積もっていた。

雪は神戸に住んでいる私にとって物珍しく感じられた。
神戸も降りはするが積もることは山側をのぞいてほとんどない。
だからと言ってはなんだが雪を見ると心が童心に戻ってしまう。
冷たい空気を思い切り吸い込むと頭と体がリセットされる気がして気持ちがよかった。

バスに乗ってかわいキャンプへ向かう。

震災ボランティア 岩手県宮古市 かわいキャンプ(写真)

元学校だった場所。ボランティア方々の拠点となっている。
宿泊も100名ほど可能だ。
事前に登録することで日程や希望などを元に
ボランティア希望者の条件に合うようマッチングしてくれる。
料理もできるし、使い勝手はよい。長期滞在者も多いようだ。
ここへ行くまでにはバスに乗らなければならないので盛岡市に宿泊するのならば
早朝のバスに乗らなければならない。

ボランティアに来ている方は様々だった。
お坊さん、原発反対の原告団の方、ニート、学校の先生
年齢も幅広い。
みな共通しているのは目の奥が輝いていることだ。
そして、全身で呼吸していること。
なりふり構わない。

___________________________________________________

岩手県宮古市へボランティアに1日だけだが参加することができた。

宮古市宮古市の仮設住宅の集会所でお手伝いをする。

家を無くし仕事をなくし家族をなくした方々だ。
毎日ボランティアがやってくる。
被災者はボランティアに津波が来たときの話を毎日のようにしなければならない。
いいかげん嫌になるという話を聞いた。
忘れたい、と思う。 もう一年だ。

午前中はカゴ作りの手伝い。
賑やかだった。
午後は津軽三味線の慰安演奏が来られて、セッティングの手伝い。
演奏があることの声かけするが、うまくできない。
仮設住宅のドアをうまくノックできない。 声も思うように出ない。
なんだか固い感じになってしまう。
他のボランティアの女性が走ってやってきて、こうやるのだと教えてくれた。
わたしがぎこちないのを見て、少し怒っていたのかもしれない。
耳が遠くなってるから、ノックは大きめにしなければならないのだ。
結局、うまくできない。 ドアを大きく叩くのに抵抗がある。
ドアが空いても、うまく話せない。 弱々しくいいです…と言われるとなおさら弱る。
図々しく出るべきなのか、そっとしておくべきなのか。

私は何をやっているのかわからなくなった。

美しい絞りの羽織をきた女性が出てきて言った。
「この羽織は貰ったんです。高くてわたしはこんなもの買えません。
わたしの言いたいことがわかりますか?」
演奏を聴きに来られたのは四名。 津軽三味線の音を聴くと涙が出そうになった。
仮設住宅の方も泣いている方がいた。 合間に子どもたちと縄跳びをした。
縄と言っても、その辺に落ちていたボロボロの紐だ。 紐に黒猫がじゃれてきた。
猫も遊びたいのかな、と言うと 猫も暇なんだよ と少女は言った。

仮設住宅に行く途中、津波で破壊された家や、 家の土台だけが残された跡、
曲がった柵や標識、 積み重ねられた車や瓦礫、 壊れた堤防を見た。恐ろしい力だ。
堤防は少し高いところにあって、 歩道を歩いていても海が見えない。
遠くの山々はうっすらと雪が積もっていて素朴で美しかった。
いいところだ、と口に出そうとしたがやめた。
震災さえなければ、と思った。

キャンプに戻ると先に帰ったボランティアの方が高校野球を見ていた。

平常な状態ってなんだろう。
人間にとって必要なものはなんだろう。
人間は何に生かされているのだろう。
何のために生きているのだろう。
答えが出ない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中